188BET徹底解説!評判やボーナス、登録方法や入出金方法

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

 FAQ お問い合わせ English サイト内検索 企業情報 企業情報 企業情報のトップページへ 社長ごあいさつ 経営理念 ビジョン プレスリリース 企業データ 会社概要 基本方針と安全衛生・環境・品質方針 沿革 組織図 役員一覧 ガバナンス 広告・CMライブラリ 受賞一覧 ネットワーク(拠点情報) 国内主要拠点 グローバルネットワーク 国内グループ会社 イベント情報 展示会情報 学生向けイベント情報 協力会社の皆様へ 鹿島事業協同組合連合会 メニューを閉じる 株主・投資家情報 株主・投資家情報 株主・投資家情報のトップページへ 社長メッセージ:株主・投資家の皆様へ 中期経営計画 コーポレート・ガバナンス 業績ハイライト 個人投資家の皆様へ 株価情報 IRライブラリー 株主・株式情報 サステナビリティ経営 統合報告書 IRカレンダー IRニュース メニューを閉じる 技術とサービス 技術とサービス 技術とサービスのトップページへ 事業分野サイト ニーズから探す 土木事業 開発事業 エンジニアリング事業 技術研究所 建築事業 海外事業 環境事業 KAJIMA DESIGN--> Projects 鹿島の実績集 THE SITE:現場レポート 現場ホームページリンク集 動画でみる鹿島の技術 メニューを閉じる サステナビリティ サステナビリティ サステナビリティのトップページへ 社長ごあいさつ 統合報告書 鹿島グループのマテリアリティ(重要課題) SDGsと鹿島の事業活動 各種方針 ESGの取組み 環境 社会 ガバナンス 社外からの評価 イニシアティブへの参画 ステークホルダー(方針・エンゲージメント) サステナビリティニュース サステナビリティデータ・GRI内容索引 サステナブルファイナンス 社会貢献活動 社会貢献トピックス KAJIMA彫刻コンクール メニューを閉じる 採用・インターンシップ 採用・インターンシップ 採用・インターンシップのトップページへ 新卒採用・インターンシップ キャリア採用 国内グループ採用 留学生の皆様へ 障がい者採用について 学生向けイベント情報--> 公式SNS メニューを閉じる 知る・楽しむ 知る・楽しむ 知る・楽しむのトップページへ カジマキッズアカデミー 探検しよう!いきものにぎわうまち 土木と建築ってなに? ようこそ!鹿島の建設現場へ けんきゅうしつ 設計ってどんな仕事なの? GAME:葉っぱでさがす ミツバチのいるところ 見て知る 広告・CMライブラリ 動画でみる鹿島の技術 YouTube鹿島公式チャンネル 読んで知る KAJIMA MONTHLY REPORT - 月報KAJIMA 鹿島の軌跡 建設博物誌 鹿島出版会 お薦めの書籍 メニューを閉じる ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 台形CSGダムにおける保護コンクリート構築の合理化施工システムを開発・実用化 [2021/03/23] 1.2MB 台形CSGダムにおける保護コンクリート構築の合理化施工システムを開発・実用化 ~ 成瀬ダム堤体打設工事において初適用し有効性を確認 ~  鹿島(社長:押味至一)は、上下流面が階段状の保護コンクリートで覆われる台形CSGダム※の施工において、型枠および目地・止水板の設置作業を自動化・合理化する「置き型枠自動スライドシステム」を開発し実用化しました。本システムは、置き型枠自動スライドリフタ、止水板台車、おもり台車の3種類の台車で構成され、保護コンクリートの型枠設置、打設および目地・止水板設置作業における施工速度、安全性、生産性の向上を実現するものです。今般、秋田県で施工を進める成瀬ダム堤体打設工事に初適用し、その有効性を確認しました。  本システムは、当社が開発した自動運転を核とした次世代の建設生産システム「A4CSEL®」による、CSG高速打設を実現する自動化施工技術の一つです。 ※ダムの型式の一つで、砂礫に水とセメントを配合して生成されたCSG (cemented sand and gravel) を台形状に盛り立てたコンクリートダムの一種 置き型枠自動スライドシステム 開発の背景  台形CSGダムの施工では、CSGを高速打設する技術が確立されているため、CSGに追随して打設する上下流面の保護コンクリートの型枠設置作業が、堤体の打ち上がり速度に大きく影響します。従来の施工方法を採用した場合、型枠の吊り上げや設置には堤体打設面にクレーンを据える必要がありますが、堤体の幅は打設が進むにつれ狭くなり、打設作業との競合が増すなど、施工速度の低下や安全面での課題がありました。  また、保護コンクリートの目地・止水板設置作業は、狭隘な空間での作業となるため、作業に手間がかかることに加えて、コンクリートの締固め不足により、品質が低下するといった懸念がありました。 本システムの特長と仕様  本システムは、(1)置き型枠を自動で吊り上げ、所定の位置にセットする置き型枠自動スライドリフタ、(2)止水板のリフトアップに用いる止水板台車、(3)保護コンクリート打設時に置き型枠の滑動・転倒を防止するおもり台車、の3種類の台車で構成されます。各台車は、置き型枠として用いるH形鋼をレールにして走行するため、堤体打設面でのクレーン作業は不要となり、堤体での作業を阻害することなく保護コンクリートの施工が行えます。 (1)置き型枠自動スライドリフタ  CSGのリフト高さ0.75mに合わせてH形鋼(H400)を2段重ねた置き型枠(H=0.8m、L=5m)を、既打設の最下段から吊り上げて設置するものです。設置完了後、次の箇所に5m横移動し同様の作業を行います。これら一連の作業をタブレット端末からの操作により自動的に行うことができます。 (2)止水板台車  保護コンクリートは、15m毎に鋼製目地板と2枚の止水板を設置する構造になっています。  今回適用した止水板台車は、ロール状に巻いた止水板を保護コンクリートの打設の進捗に合わせて引き上げるだけで固定作業が完了するものです。CSG打設面の外側から作業を行うことができるため、堤体打設面上のクレーン作業を省略することが可能です。 (3)おもり台車  保護コンクリート打設時の置き型枠の滑動と転倒を防止するため、おもり(荷重)を置き型枠に載せることでコンクリート打設時の側圧に抵抗します。5mのおもり台車3台を連結して並べて1ブロック(15m)を打設し、終了後、隣のブロックへ横移動します。  これにより、置き型枠の固定が不要となり省力化が図れます。 従来の作業方法との比較  本システムによる保護コンクリートの型枠および目地・止水板の設置作業を、従来の方法と比較しました。保護コンクリートの打設速度が格段に向上したとともに、生産性・安全性の向上も確認できました。 従来の作業方法と本システムの比較および効果 今後の展開  本システムを、今回適用した台形CSGダムにとどまらず、堤防、防潮堤、護岸など、階段形状で延長の長い構造物の構築工事に普及・展開していきます。 工事概要 工事名  : 成瀬ダム堤体打設工事(第1期) 工事場所  : 秋田県雄勝郡東成瀬村椿川地内 発注者  : 国土交通省東北地方整備局 施工者  : 鹿島・前田・竹中土木特定建設工事共同企業体 諸元  : 台形CSGダム、堤高 114.5m、堤頂長 755m、堤体積 4,850,000m3 工期  : 2018年5月~2022年12月 動画でみる鹿島の土木技術 ダム「台形CSGダムにおける保護コンクリート構築の合理化施工システム」 プレスリリースに記載された内容(価格、仕様、サービス内容等)は、発表日現在のものです。 その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。 プレスリリースインデックス 2024年 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 1996年~2004年--> カテゴリ別で表示 技術 不動産開発 環境 経営 海外 リリースに関するお問い合わせ お問い合わせの際は、リリースの日付をご記入いただく必要があります。 ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 台形CSGダムにおける保護コンクリート構築の合理化施工システムを開発・実用化 鹿島建設株式会社 ホーム 企業情報 株主・投資家情報 技術とサービス サステナビリティ 採用・インターンシップ 知る・楽しむ 社員向け災害対策情報 外部通報窓口 協力会社の皆様へ 電子公告 このサイトについて 個人情報保護方針 ソーシャルメディアポリシー サイトマップ FAQ お問い合わせ 関連リンク--> 関連リンク 日本建設業連合会 公式SNS Copyright (C) 1995–2024 KAJIMA CORPORATION All Rights Reserved.

ボンズカジノの良い評判や悪い評判|リアルな口コミを徹底検証 ラピード・ウィーン ビーセカンド スュペル・リグ
Copyright ©188BET徹底解説!評判やボーナス、登録方法や入出金方法 The Paper All rights reserved.